MIYAGI Internal disorder Rehabilitation Society : MIRS

宮城県内部障害リハビリテーション研究会

since 2017

報告/第7回研修会報告および第3回総会報告

「神経筋疾患の呼吸リハビリテーション up-to-dateと気道クリアランス」

講師:三浦 利彦 先生(国立病院機構八雲病院)

 

 MIRS(マーズ)の第7回研修会を東北文化学園大学にて行いました。研修会では82名と沢山の方々にご参加いただきました。

 今回は、神経筋疾患の呼吸リハビリテーション分野にて第一人者であり、今なお第一線でご活躍されている国立病院機構八雲病院の三浦利彦先生にご講演いただきました。先生には世界のガイドラインを提示していただきながらNPPVMI-Eの有用性を、また最後にはMI-Eのデモストレーションも実施していただきました。病院や施設、地域には咳や排痰が出来なくて困っている方がたくさんいます。三浦先生のご講義から、対象者のためにできることはまだまだあるのではないかとのメッセージを頂戴したと思っております。この場をお借りしまして、熱ご講演頂きました三浦先生、ならびにMI-Eを使用させていただきました㈱フィリップス・ジャパン様には厚く御礼申し上げます。

 また、研修会後には第3MIRS総会を行い、会則の一部改訂、事業報告・計画、決算報告、予算案を承認いただきました。総会までお付き合いいただきました会員の皆様に感謝申し上げます。

 次回は2019824日(土)の開催を予定しております。内容は今後HPにてアナウンス致します。皆様方のご参加を心よりお待ちしております。





<ご入会の案内>

・「仙台医療センター 横田純一 mirs.tohoku@gmail.com」へご連絡ください。

 ・氏名、メールアドレスをご入力ください

 ・メッセージの欄には・・・

   ①職種  ②勤務先をご入力ください ③連絡先電話番号

 ・お申し込み前に会則をご確認ください

 ・ご入会希望の方はここをクリック!


<本研究会の目的>

  • 宮城県における内部障害リハビリテーションを行っている施設(や職域間)の情報ネットワーク構築のための交流の場とする

 

  • 知識や技術の向上や研究活動の報告を通じて宮城県の内部障害リハビリテーションの発展に広く寄与していく